ホーム企業情報池田工業社の強み

池田工業社の強み

Advantage of IKEDAKOGYOSHA

ここから本文です。

大手メーカーには真似できない柔軟な商品開発

池田工業社は、出荷量が少ないために大手メーカーが投資できない、ニッチな商材を主に開発し販売しています。夏限定のおもちゃやお正月遊び用のおもちゃ、数百円で気軽に買えるおもちゃ、昔懐かしいおもちゃなど、当社オリジナルの取扱商品は雑貨なども含めると500点にわたります。

商品情報を見る

例えば男児向けデザインが多いウォーターガン。「女の子も水鉄砲で派手に遊びたいのでは?」といったアイデアを元に、女児が好むキュートなデザインのウォーターガンを企画し販売しました。また、幼児でも持てる軽量のウォーターガンや、「ゾウさん型」や「バナナ型」の水鉄砲など、「こういうのがあったらいいのになあ」「もっとこうだったらなあ」という消費者の要望を汲み取り、柔軟な商品開発を行っています。

商品情報 › 水遊び › 水ピストルを見る

子供たちの遊びは多様化しており、市場はますますニッチになると予想されます。大手商社・メーカーにはできない小回りの利く商品開発力がこれからさらに求められることでしょう。商品棚の隙間、消費者ニーズの隙間。これをしっかりと埋めてゆくのが当社の役目です。

110年続く「お客様のお声に真摯に応える姿勢」これが池田のDNA

池田工業社は創業から110年、農機具から虫カゴへ、そして玩具へと、お客様の要望に応えることで販売品目を変化させてきた歴史があります。お客様との会話の中で、次に何を納入すべきかヒントをいただき、次までに商品サンプルをお持ちすることを繰り返してきたからこそ、今の池田工業社の発展があります。そのため、「お客様のお声に真摯に応える営業姿勢」を創業以来最も大切にしています。

社長挨拶

沿革

お客様は、ほとんどが卸売業者様です。玩具、文具の問屋様が最も多く、次に、日用生活雑貨、景品、書籍、教材など多くの問屋様とお取引させていただいています。お子様が訪れる店へ納品している卸売業者様ならすべて、当社のお客様になり得るのです。

池田工業社の取扱商品は季節ものが多く、年間を通じて売り続けられるものではないため、シーズンが終わればお取引は一旦終了します。しかし毎シーズンお客様からお声かけいただき、商品を取り扱っていただける。それは安定した売上をご提供でき、かつ、厚いご信頼をいただいているからだと自信を持っています。

お客様の言葉に真摯に耳を傾け、それに応える。その先には「直接的にお客様のお役に立ちたい」という強い思いがあります。売上や納期など、あらゆる面においてこの気持ちを忘れず、お客様のベストパートナーとなれるよう取り組んでいます。

製造設備にとらわれない大胆な商品企画がファブレスの強み

池田工業社はファブレス、つまり自社で商品の企画・開発、販売を行い、製造は外部委託する業務形態をとっています。

製造工場を保有していないということは、設備の能力に捉われず、企画の幅を自由に拡げていけるということ。近年はトレンドの変化が激しく、毎年新しい商品を求められるため、商品設計を大胆に変えられることは大きなメリットとなっています。当社では、製造のほぼすべて国内外の会社に委託しています。そのネットワークは商品を開拓するごとに年々拡大し、取引会社は100社以上に上ります。「次はこんな商品を売ろう」と思えば、どんどん取引工場を開拓していけるため、この数は今後ももっと増えていくことでしょう。

私たちにとって、商品の選択肢は無限にあります。玩具以外の商品も増やしていくことができ、実際すでに多くの雑貨や日用品を世に送り出しています。今後はこの分野にも力を入れていきたいと考えています。

なお、もちろんお客様が当社の商品をより安全に、楽しく使っていただくために、品質管理にも取り組んでいます。安全・品質に関する社内基準を設け、それをクリアしたもののみ取り扱いしています。

3,000坪の自社物流センターで在庫の確保・小ロット・迅速なデリバリーを可能に

池田工業社のメイン商材は季節玩具です。これらは、シーズン前に一気に注文が集中し、シーズンが終わるとすぐに撤収されます。そのため、在庫の確保と円滑な入出庫が肝となります。

当社は奈良市都祁吐山町に、敷地面積3,000坪の巨大な物流センターを保有しています。海外の工場で生産した玩具をコンテナ単位で輸入し、しっかりと在庫を確保した上で、注文に応じて各地の販売店へ搬送します。自動ラックも備え、円滑に在庫の出し入れを行いますので、大量のご注文はもちろん小ロットにも対応可能です。

またこの吐山物流センターは、奈良の本社から約10分、名阪国道の針インターチェンジから数分という立地で、東海地方と近畿地方の境に位置しているため、全国各地への配送がスムーズです。この好立地を活かし、他社商品も仕入れて販売店へ当社の商品と同時配送するなど、物流配送業務も請け負っています。

池田工業社には他にも東京営業所があり、現在3名の営業が活動しています。マーケットの中心地でアンテナを張り巡らし、本社と毎日情報共有を行っています。

吐山物流センター、東京営業所の所在地はこちら

アイデアミーティングで全スタッフの発想力を鍛える

お客様と直接お話をして商品を企画するのは、企画営業部が担当しています。しかし池田工業社では、お客様のストライクゾーンにはまる商品を提案させていただくため、日頃よりスタッフ全員が新しい発想を生み出すトレーニングをしています。

正社員・パート、部署に関わらず、全スタッフで数人の班を編成し、週1回「アイデアミーティング」で新商品のアイデアを出し合うのです。これを班ごとにまとめ、4か月後発表会で披露します。

アイデアミーティングの目的は、アイデアを生み出そうとする思考を、全従業員が常に持ち続けるためです。最終目標はミーティングのアイデアを商品化することですが、目下の目標は、日常生活で感じたことをアイデアとして仕事に活かす習慣を付けることです。

例えば、我が子と遊ぶ中で「こんなことが子供は面白いんだ」と発見したことをアイデアミーティングで発表する。スーパーでの買い物の際に、陳列棚に並ぶ商品を見て「もっとこうだったら買うのにな」と思ったことをメモしておく。なんとなく感じただけで終わりにせず、「こんな商品があればほしい」「なぜ自分はこの商品を買わないか」などを言葉や文字にしておき、次に活かす。この習慣化を大切にしています。

当社は若い従業員が多く、みなエネルギッシュです。こうした意識を全従業員が積み重ねていけば、数年後には大きな力になることでしょう。

働く環境

奈良県社員・シャイン

健康経営優良法人2019

なら女性活躍推進倶楽部

このページの先頭へ